ブログトップ | ログイン

8年前 仏が浦

b0001127_2203056.jpg

その昔、まだノートPCのHDD容量が3~4GBだった頃。デジカメを初めて買って撮りまくってすぐ容量が足りなくなった時、外付けでもっと容量の大きいHDがあるんやでと教えてもらって感動しつつ使っていたら2~3年で壊れて、それまで溜め込んでいた大学時代思い出の写真の大半が吹っ飛んだという、俺の写真歴で最悪の思い出であり最大の教訓にもなったあれ。

データが吹っ飛んでからかれこれ5~6年経ったんですが、意外と自分CDとかに別途バックアップを取っていたようです。引越しもあいまって溜まったCD-Rのチェックなんかしてみると意外に大事な写真入ったのが出てきたりなんかして。今回の一枚もその中から拾い出したものです。しかもこれJPEGで残ってたんじゃなくて、Wordのファイルん中に貼り付けて残しておいたものなんですけど(笑)多少エフェクトかかってましたけどそれもWordの中で付けたものなので、すぐにデフォルトの状態に戻せました。ほぼ完全復活。

この写真の思い出は忘れもしない、大学3年の秋。ゼミの男数人で夜の12時すき屋で牛丼食った後、次の日朝から授業あるにもかかわらず「…大間行ってみるか」って話になって出発したのが夜の2時。今もまだ乗り続けてる俺の車で下北半島を突っ走ることちょうど3時間日の出と共に到着。車を降りた瞬間に絶叫しながら大間のマグロの銅像周辺ではしゃいだりしてて。その後仏が浦の入り口まで行って仮眠取って、熊注意の看板にちょっとビビリながら熊よけの木の棒片手に仏が浦まで降りていって、その時撮った一枚。
by neomiki | 2008-01-27 22:16 | PHOTO
<< 歴史web面白そう 仙台牛タン >>