ブログトップ | ログイン

Amazonの「ほしい物リスト」から個人の嗜好が漏れる可能性

b0001127_1015731.jpg

Amazonでネットショッピングをされる方は多いと思うのですけど、このAmazonからあなたの嗜好が他のユーザに、しかも個人名を特定して簡単に分かってしまう可能性があります。

Amazonをよく使われている方はユーザ登録していると思います。ユーザ登録をすればワンクリックで注文から決済まで簡単に完結するなど非常に便利です。また、Amazonには購買意欲を掻き立てるための便利な機能がたくさんあります。その中の一つにほしい物リスト(以前はウィッシュリストだったもの)があります。 これは「今すぐは買わないけど気になるからキープしておきたい」という商品が合った場合に、まさにほしい物のリストとして登録しておくという機能です。お気に入りとかブックマークと同じようなものです。

で、問題なのはこのほしい物リストなんですが、デフォルト(標準)ではほしい物リストの中身を公開する設定になっています。他のユーザがあなたの名前やメールアドレスから、あなたがほしい物リストに登録している内容を見ることができるようになっています。試しに自分のでもやってみたんですけど本当に全部見えてしまいました。

あえて公開しているなら良いのでしょうけど、大半のユーザは公開を前提にほしい物リストを使っているわけではないと思いますので、「他人に見られたくない!」と思われる方は早めに設定を非公開にした方が良いと思います。ほしい物リストを非公開にするには、ほしい物リストのページ右にある「設定内容を変更する」をクリックし、非公開に設定します。

ほしい物リスト自体は良い機能なので、気になる本があればポンポン放り込んでストックしておいたり、決心がついて改めて購入する時にはわざわざ探す手間が省けて便利ですしね。

さておきこのほしい物リスト問題ですけど、かなり話題になっているのでAmazon側でなんらかの対策(デフォルトで非公開設定とか)を取るかも知れませんね。大半のユーザはこういうことに気付かずAmazonを使ってるはずですから。
by neomiki | 2008-03-12 10:01 | 日記
<< 近所 通りすがりの体育館 >>