ブログトップ | ログイン

「ボックスアート ~プラモデルパッケージと戦後の日本文化」展 レポート

b0001127_8273819.jpg

青森県立美術館で9月20日(土)~ 11月3日(月・祝)に開催されるATV開局40周年記念「ボックスアート ~プラモデルパッケージと戦後の日本文化」展の内覧会に行ってきました。いつもより多い写真で。



b0001127_8295113.jpg


b0001127_830223.jpg


b0001127_8301278.jpg


b0001127_8302149.jpg


b0001127_8302931.jpg


b0001127_8303877.jpg


b0001127_8304670.jpg


b0001127_8305399.jpg


b0001127_831117.jpg


b0001127_831871.jpg


b0001127_8311744.jpg


b0001127_8312666.jpg


b0001127_8313735.jpg


b0001127_8314426.jpg


懐かしのプラモデルをはじめアニメの原画やジオラマ模型などなど、あらゆるジャンルのものが展示されてありました。写真撮影は可能だったものの著作権の関係で各作品をアップで撮ることはできなかったので、あくまで雰囲気が分かる引きの感じな写真のアップになりました。

個人的にツボだったのは二つあって、一つはアニメ「ザブングル」の原画。これはもうホントに凄かった。色彩の鮮やかさと緻密さが懐かしさもあいまって最高です。もう一つは「フェラーリ・エンツォ」の模型とデザイン画。フェラーリをデザインした日本人奥山清行さんの代表作にして、イタリアはピニンファリーナ社の創業者エンツォの名を冠した、同社史上最高と言われたフェラーリは素人目ながら最高にカッコいいです。本やネットではそれこそ毎日目にしてるエンツォですけど模型とはいえ立体感のあるものが見えてすごい満足でした。

アップした写真ではどんな作品があるのか分かりにくいかもですが、多種多様な展示になっているので結構色んな方が楽しめるんではないかと思います。
by neomiki | 2008-09-20 08:43 | PHOTO
<< 寝起き ボックスアート展の内覧会に行っ... >>